印刷をする手順

デザインを用意しましょう

ポリ袋を印刷したいという場合、デザインの用意からスタートします。自分でデザイン作成ができないという場合には、印刷会社に依頼して作る事もできるので、臨機応変にサービスを利用してみて下さいね。次に、自分でデータを作成する時の注意点について紹介しましょう。自分でデータを作る際に気をつけなければいけないのは、印刷カラーのモード設定ですね。印刷依頼する際は必ずCMYKカラーを使ってデザインを作りましょう。理由は、工場印刷で使われる色とモニターで表示される色は異なるからです。その他、底付きの袋を素材として使う場合は、広がった部分を考慮したうえでデザイン作成をしましょう。デザインの配置によっては、底部分に印刷が偏ってしまいますからね。

袋の種類を選んで注文しましょう

デザインの用意が整ったら、次は袋の種類を選んで実際に注文してみましょう。印刷会社で注文出来るポリ袋は数多く、一例としてはレジ袋タイプ・小判付きポリ袋(取って付き)などがありますよ。また、これらの他にもマチ付きのポリ袋もあるので、自分の気に入ったポリ袋を選んでみて下さい。注文が終わった後は、用意したデータを入稿してみましょう。そして、料金の支払いをしたら、あとは袋の到着を待つのみです。納期は、注文した枚数や工場の混み具合によって前後する可能性があります。決められた日までに手元に到着するよう、余裕を持って注文する事をオススメします。また、料金確認も事前に行っておきましょう。予算オーバーのリスクが減りますからね。