上手な業者の選び方

取り扱っているバリエーションの豊富さ

オリジナルのポリ袋を作る業者選びで大きなポイントとして挙げられるのが種類の豊富さです。一口にポリ袋と言っても形状からサイズに至るまで数多くの種類があります。使用する目的によって最適となる物が違ってくる以上、できる限り多くの選択肢が用意されているに越したことはありません。
カラーについても同様のことが言えます。ポリ袋というと白地のイメージが一般的ですが、せっかくオリジナルの物を作るだから既存のイメージに囚われずに個性を出したいと考えるのは当然と言えます。そのため、オリジナルのポリ袋を業者に依頼をする時は、サイズはもちろんのこと、利用できるカラーのラインナップについてもしっかりと確認をすることが大切です。

生産ロット数に制限が設けられていないか

日本には大小さまざまな印刷業者が存在しますが、同じ印刷でも会社の規模によって請け負える仕事の形は異なります。その中でも顕著に違いが現れるのが生産ロット数です。一般的に大手と呼ばれる業者は設備が充実によって一度に大量の印刷が可能で、これにより単価の価格を下げることができます。
それに対して中小規模の業者場合は、小ロットでの生産が基本となっていることが多く、大量に注文をした時に断られてしまうケースも少なくありません。また、小ロット注文であっても一個当たりの単価が高くなってしまうこともあるので注意が必要です。
そのため、業者を選ぶ時は自分が希望するロット数に対応しているかどうかはもちろん、一個当たりの単価が適正かどうかも確認しなくてはいけません。

小売店でオリジナルポリ袋を利用すれば、お客が購入した商品を入れるために利用され目につくので、効率のいい宣伝になります。